病院について
Hospital Information

地域医療連携室

当院には「地域医療連携室」という部署があります。「連携って何をするの? 」「支援って何? 」と思われる方も多いのではありませんか?
 手をつないでくれたり、荷物を持ってくれたり、「してないじゃん! 」といわれるかも知れません。
 もちろん、実際にそういうことをしない、というわけでもないのですが、具体的には、巷でよく言われる『病院をたらいまわしにされた』『入退院を繰り返して、大変だった』といったことや、『うちのおばあちゃん、寝たきりで高熱がでて、家では大変で、救急車で連れて行ったら断られた』などのお困りごとを少しでも減らせれば・・・という工夫の産物です。
 入院して病気は良くなったけれど身体が動かなくなって、それでも退院で帰されて、毎日泣いているよ。と、言うことを減らそう、またはなくなるようにお手伝いする職員の所属する部署です。
 どんなことかといえば、要介護認定を受けている患者様は、ご家族やケアマネージャーさんと連絡をとり、退院の少し前に集まって医者からの注意事項の指導を聞いてもらったり、現状を知って、帰宅前にどんな準備が必要かを話し合ったり、ヘルパーさんや訪問看護、訪問診療のサービス開始時期を図ったりします。
 それまでは歩いていたのに入院をきっかけに歩けなくなったという場合は、退院前にリハビリの病院や施設に入所するのか、それとも、自宅からリハビリに通ったり、訪問してもらったりというサービスの開始なのかを話し合い、医師のアドバイスや家族の状況を踏まえて決定していくお手伝いです。
 患者様と医師とは、『退院支援カンファレンス』などで話し合いを持ちますが、そう度々は会えないので、患者様の声を仲介したり代弁したりも致します。
 リハビリに行く、長期の入院先に転院するなどのときは、医師よりの紹介状の受け渡しなどもお手伝いします。
 そのような役割をしているのは、どんな人間か?というと、『社会福祉士』または『精神保健福祉士』はたまた『社会福祉主事』などを持っている方もあるようです。または、『看護師』もその役割を担うことがあります。
 医師が難しい医療用語を使って患者さまにはわからなかったが、患者さまからはなかなか聞けない!とか、言葉の意味は一般的だが、会話はすれちがっている!などというとき、通訳の役も致します。介護保険の説明や導入のお手伝いもする ので、外来の患者様やそのご家族ともご相談したりしています。
 お困りごとで相談が必要になったら、受付や看護師その他の病院スタッフにお声をかけてください。病院内のどこへでも、アンパンマンのように登場します。ときには、動けない患者様の代行で病院外にも出没しています。とはいえ、人間ですから同時に二か所には登場できませんので、ご相談の際にはまず、ご一報いただけるとお待たせしないで済むと思います。資料が必要な場合はその準備もできて、お話がスムーズにいくと思います。
お問い合わせ先
0466-25-2216(代表)