診療科のご案内
Medical Service

放射線科

主に放射線を使って人体の中の様子を画像化します。皆さんも胸部のX線写真は必ず一回は受けた事があるでしょう。 胸部のX線写真のほか、X線造影検査、CT検査、CTによる血管撮影や心臓CTなどを担当しています。 診断に使われる放射線は微量なもので、もし頻回に撮影しても人体に影響が現れる事はありませんが、もし心配な方はご相談ください。
なお、MRI導入に伴い被爆のない検査が可能になりました。

MRI

MRI(Magnetic Resonance Imaging:磁気共鳴画像診断装置)検査は、強力な磁石でできた機械の中に入り、磁気の力を利用して身体の断面や血管を撮像する検査です。
特徴としては、特に脳や血管・脊椎・四肢・胆嚢・膵臓・子宮・卵巣・前立腺などの検査診断能力に優れております。

~以下の方はMRI検査を実施できません~
〇心臓ペースメーカー挿入の方
〇妊娠されている方

~以下の方はMRI検査を実施できない場合があります~
〇体内金属を挿入している方
〇入れ墨・アートメイクをされている方
〇妊娠の可能性のある方
〇閉所恐怖症の方

マルチスライスCT

CTとはコンピュータ断層撮影の事で人体の輪切り像が得られる検査法です。 今日では、画像処理を行うコンピュータの高速化などにより常に動き続ける心臓の撮影も可能となりました。 マルチスライスCTはCTロゴCT機器64列とはX線を検出する検出器の列数です。従来の検出器が1列のCTに比べて単純には64倍の速さ・密度で撮影することが可能です。特殊な血管撮影装置で行われていた心臓カテーテル検査などの危険を伴う検査が、CT室で短時間で安全に行うことができます。

頭部CT

脳出血・脳梗塞など、造影剤を用いて脳腫瘍や脳血管・頚動脈の血管病変の診断に用います。突然の頭痛には頭部CTを行って、脳出血や脳梗塞の除外診断を行います。

頭部・頚部血管撮影

造影剤を使って血管を見えるように画像処理します。血管の狭窄や、くも膜下出血の原因となりうる未破裂動脈瘤などの検索ができます。

歯科インプラント手術用シミュレーションデータの作成

インプラントの埋入手術は高い精度でインプラント体を骨に埋入させる必要があります。CTの高精細なデータにて効率が良く安全な手術を行うことができます。 当院では近隣歯科医院様の依頼により歯科インプラント術前撮影を行っています。

胸部CT

肺癌に対して最も有効な診断方法です。肺炎、肺線維症、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、アスベスト肺、動脈瘤や肺動脈血栓(エコノミークラス症候群)などの診断が可能です。

心臓CT

心臓の冠動脈の評価を行います。狭心症や心筋梗塞の予測検査の一助として用います。詳しくは後述します。

胸部の肺癌検診

喫煙者の方は肺癌・COPDなどのリスクが高いので、CT検診を勧めます。 喫煙者の肺癌リスクは非喫煙者の4〜5倍(男性)といわれています。 また、過去にアスベストなどを扱う仕事をされていた方には、胸膜腫瘍(悪性胸膜中皮腫)のリスクがありますので、CTをお勧めします。

腹部CT

肝・胆・膵・腎・膀胱・前立腺などの腹部臓器の診断を行う検査です。 頻度の高い、虫垂炎や腸炎、それに伴う腹膜炎や消化管穿孔などの迅速かつ正しい対応が必要な疾患で特に力を発揮しています。患者さんへの負担の少ない検査法ですのでスクリーニングにも適しています。 造影剤を使用することで、血管や腫瘍をさらに詳しく検査することができます。

体脂肪測定

腹部の断面での皮下脂肪・内臓脂肪の測定をします。客観的に評価できるため、減量が必要な患者さんの動機付けにも適しています。

四肢CT

通常のX線撮影では見えにくい細かい骨折や軟部組織の評価が可能です。

造影剤について

単純CT(造影剤を使用しない撮影)で分からなかった部分の描出を行うために、CTではしばしば造影剤を使用します。現在の造影剤は「非イオン性造影剤」という以前に比べ安全性の高いものが使われていますが、ときに発疹や喘息発作などのアレルギーを起こす事があり、まれに重症化することもあります。造影剤は使用にあたって特別な注意の必要な薬剤の一つと認識しています。 当院ではCT検査室に、アレルギー反応を起こした時に有効な薬剤・機材やマニュアルを備え、万が一の場合でも適切に対処出来るようになっています。

造影剤が使用できない患者さん

造影剤にアレルギーのある方
重篤な甲状腺疾患のある方
お問い合わせ先
0466-25-2216(代表)